生涯学習〜大人の調理実習

  • 2016.03.09 Wednesday
  • 15:41

知らない間に市内に立派な生涯学習施設ができていました。

ご縁があって、そこで開催された料理&セミナーに参加してきました。

本日のテーマは、いちご。

野菜ソムリエの講師によるさまざまな品種のいちごの紹介、いちごの栽培方法や栄養についての勉強と食べ比べ。

そして講師の先生の指導のもと、4人1組でいちごのムースロールを製作。

完成状態。一番端の飾りのいちごの置き方が逆なのは、私がやらかしました。
いちごのピューレたっぷりのパルフェをスポンジ生地で巻いて、冷やし固めました。

長年料理本の仕事に関わりながら、料理教室というものに一度も行ったことがないので、料理もお菓子作りも見みよう見まね。
いくら本やネットで分かったような気になっても、実際に先生に手取り足取り教えてもらうのとは全然違います。
みんなで、わいわい言いながら作るのも高校の調理実習以来で、とても楽しかった。

そして試食タイム。
同時に作ったミネストローネで昼食を兼ねて。

これを機に、調理や栄養についてちゃんと学習しよう・・・人間いくつになっても勉強だ。

年を取ると、何でも分かっているような気になってしまうのが良くないね。
その知識は最新のものなのか、正しいものなのか、常に学び直しが必要であると感じます。

それから、今年は畑にいちごを植えてみたいなーと思い始めました。
難しいんだけどね。

 

黒糖ドーナツ棒

  • 2011.08.05 Friday
  • 11:22

なでしこ世界制覇のおかげで、「なでしこリーグ」がテレビで中継されるようになったのはめでたい。

それで私も、澤選手たちが所属するINAC神戸レオネッサの試合を、初めてテレビで見たのですが、ものすごく気になるのがユニホームの胸スポンサー。

黒糖ドーナッツ棒

それはなに?

神戸のお菓子屋さんがスポンサーなのか?と思ったら、熊本のフジバンビという会社でした。

サッカーのスポンサーは、ユニホームに「富士通」とか「日立」とか「亀田製菓」とか、会社名を入れるところと、「白い恋人」とか「つや姫」とかダイレクトに商品名を入れるところがありますが、商品名、とくに食べ物だと、妙に気になってしまって、効果絶大だと思います。

「つや姫」も、どんなお米だろうと思って買っちゃったし。

黒糖ドーナツ棒って? 食べてみたい・・・とつぶやいたら、言ってみるもんです。
神戸の試合に試合を見に行ったRさんがわざわざ送ってくれた!

レオネッサ版黒糖ドーナツ棒
INAC神戸レオネッサパッケージ


黒糖ドーナツ棒5本入り。

味は、予想どおりというか、九州の駄菓子で「黒棒」ってあるじゃないですか。
私は好きなんですけど。
ああいう味をドーナツにしたかんじ。一口サイズなのがいい。

この商品、なでしこ効果で、売り上げ倍増なんだそうです。

なぜ九州のお菓子屋さんが神戸の女子サッカーのスポンサーを続けていたのかわかりませんが、大手メーカーじゃないところがいい話で・・・社長さんよかったね。

たとえて言えば、娘の誕生日の数字でずっと買い続けていた馬券が、大万馬券に化けたみたいなかんじ?

とすると、ワールドカップの半年前に、財政難から澤たちを放出した日テレの運のなさっていったい・・・。


年末のお買い物(第一弾)

  • 2009.12.27 Sunday
  • 23:10

野菜ソムリエのKさんのお誘いで、機農業ネットワーク神奈川のオーガニックファーマーズマーケットに買い出しに行ってみました。

バイオリウム場所は馬事公苑前にあるバイオリウムの前の広場。


馬事公苑には何度か行ったことがあるんですが、その正面入り口前に、東京農大の「食と農」の博物館なんてものがあるなんて知らなかった。
今日は休館日だったけど、こんど見学してみよう。

その隣りがバイオリウム(小動物を展示してる温室)で、こちらは入場自由だったんですが、ゆきのこの苦手なもの(昆虫とか)があったので、すぐに退散。

ファーマーズマーケット本日の野菜は神奈川県大和市中央林間の畑から。
大根、にんじん、玉ねぎ、里芋、ヤーコン、葉物など。

見るからに新鮮で元気がいい。

有機野菜さつま芋、水菜、小松菜、にんじん、下仁田ねぎを買いました。

とりあえず、今日は下仁田ねぎを、オリーブオイルで焦げ目をつけてから蒸し焼きにして、だし醤油に浸して食べてみました。
甘くておいしい!!

べつに野菜はオーガニックじゃなくちゃ、というわけじゃないんですが(虫が苦手な人にオーガニックの資格なし・・・)、野菜好きとして、新鮮な野菜は手をかけなくてもおいしいのでありがたい。

次回は1月10日(日)、1月は毎週日曜日にやっているそうですので、ご近所の方はぜひどうぞ。

神奈川県産の野菜を、多摩川を越えて世田谷まで買いに出かけたのは、用賀の駅前のOKストアでの買い出しも目的・・・もうすっかり歳末商品ですね。

ここでいいもの発見!

以前も紹介したことがありますが、オーブンで焼くだけの冷凍パン生地
フランス製で、ネット通販で購入したりしてましたが、OKストアに売ってた!
しかもネット通販より安い!

前から愛用してたクロワッサン類やバゲットなどもありましたが、今日は食事用のプチパン(6個299円)を購入。
これサイズも手ごろで、焼きたてがおいしいんですよ。

プチパン凍ったまま、あるいは半解凍でオーブンで10〜20分焼くだけ。


というわけで、わが家のガラスキだった冷蔵庫が、うっかり買い込んだ冷凍パン生地で埋まってます・・・これから正月の食材を買うのにねえ・・・。

両国 力士もなか

  • 2009.05.17 Sunday
  • 22:36
五月場所中の両国に出かけてみました。

両国駅仕事を終えた幕下の力士がペッタラペッタラ歩いている両国界隈。


売り切れ歌舞伎座の一幕見みたいに500円くらいで立ち見席とかないのかなと思ったら・・・椅子席を含めてすべて売り切れ。


当日券一番安い当日券でも2100円。相撲は8時40分開始です。観客の少ない午前中は観光客を入れればいい商売になると思うんだが。


櫓櫓太鼓。
昔、升席での観戦を体験したことがあります。飲んだり食べたりに忙しくて、あっという間だった・・・。


回向院回向院の猫。


出羽海部屋徒歩で部屋に戻るお相撲さんのあとをつけて(!)相撲部屋めぐり。出羽海部屋。鉄筋4階建ての立派な建物でした。


大島部屋大島部屋。
「大島親方って誰だっけ?」
「旭国」


名寄岩名寄の偉人名寄岩と田中絹代。相撲写真博物館。


力士もなか両国観光みやげ、力士もなか。これがなかなかおいしい。

エドガーのおやつ

  • 2009.05.01 Friday
  • 17:36
Image086.jpg

一見普通の大福もちですが、これが(富ヶ谷限定で)噂のローズ大福
白あんにバラのジャムが練り込まれています。
ほんとに開けたとたん、馥郁たる薔薇の香りが立ち上ります。
だけど、食感はまぎれもなく大福

一年に一度しか手に入らないレアものなのだそうです。
緑茶より紅茶を合うかも。
エドガー様に召し上がっていただきたい・・・。

社長からの差し入れ。
近所にブルガリヤヨーグルトの専門店ができたらしい。
こんど行ってみよ。
ヨーグルトサン商事

大森のタイ料理 メーサイ

  • 2009.03.07 Saturday
  • 22:25
Image076.jpg

最近大森に引っ越した人が近所においしいタイ料理の店があるとのことで、仕事関係の人と総勢8名で出かけました。

おいしかった!
今まで食べたタイ料理で一番おいしかった・・・。

メンバーは老若男女、「え〜〜タイ料理??」という人もいたのですが、この店の名物、ガイ・ヤーン(ローストチキン)は絶品で、全員が「これはおいしい!」
焼き上がるの50分かかるとのことで、予約しておいたのが正解。

実は辛いものがダメなんで、トムヤムクンは私にはちと辛かったですが、トードマンプラー(さつま揚げ)、カイソット・サイクン(えび入りオムレツ)もおいしかった。
グリーンカレーはマイルドで、ご飯は日本米とタイ米を選べます。
せっかくだからとタイ米を選んだのですが、このタイ米ご飯が香りがよくてとてもおいしかった。ビールはモルツとアジアのビール各種。
上の写真はラオス産のビールです。

大森の西友の裏手、ちょっと淋しい場所にありますが、タイ料理に興味のある方にはおすすめです。

タイ料理 メーサイ

鍋開き・・・遠く(大矢知のひやむぎ)

  • 2008.10.25 Saturday
  • 22:53
おかしい・・・10月も末だというのに、まだ暑い。
首都圏の電車には冷房が入ってるし、私の仕事場も日当たりがいい上に狭い部屋に常に多数のPCを起動しているので暑くて今週も日中エアコンの冷房を入れてしまった。

例年なら暖房を入れるにはまだ早いけど少し肌寒いこの季節・・・すでに鍋開きの季節です。鍋がしたいよー・・・でも暑いよー。
10月の末で雨が降っているのに蒸し暑いなんて・・・ありえない。

というわけで・・・昨日は「ひやむぎ」を食べてしまいました。
この夏おいしい「ひやむぎ」を見つけて、紹介しようと思っているうち秋になってしまい、いくらなんでもこの季節に「ひやむぎ」はないだろうと思っていましたが・・・・。

名古屋から撤収するとき段ボールにすき間があったので、段ボールを分けてもらった地元スーパーで東京では見かけない三重県の「ひやむぎ」を買って詰め込み、こっちで食べてみたら・・・おいしい。
私はどちらかというと「ひやむぎ」より「そうめん」派なんですが、これはこれまで食べた「ひやむぎ」とはぜんぜん違う・・・と思って調べたら、三重県の大矢知産の「ひやむぎ」は、珍しい「手のべひやむぎ」として有名なものらしい(東京ではほとんど見かけない)。



「ひやむぎ」っていうより、細めの稲庭うどんってかんじ?
ゆで時間は6分ほどですが、こしがあってツルツル。
夏も終わるころにネットで探して1箱取り寄せてしまいましたが、これなら温麺でもいいかも・・・と思いつつ、いまだ冷たい麺でいただいております。

ビールな夏休み

  • 2008.08.27 Wednesday
  • 00:46
8月の末にこんなに涼しくなるって・・・オリンピックも終わり、ありがたいけどもう夏も終わりですか?

夏休みはお盆に9連休だったんですが、どこかに連れて行かなければならない子供がいるわけじゃなし・・・思い切り引きこもりの夏休みでした。
最初の3日間は前から読もうと思っていた文庫本7冊の一気読み。
あとは明るいうちからゆっくり風呂に入って、ビール飲んで高校野球かオリンピックを見てゴロゴロ・・・これが大人の贅沢というもの。

しかし・・・今年の夏はビールをよく飲んだ。
1年中飲んでるじゃないかって?
いや意外と真夏は飲まないんですよこれが。
湿度が高い東京ではあまりにも暑い時期はビールがおいしくない。
それなのに今年はほぼ毎日飲んでた。

理由の一つが7月に数量限定で発売された缶のエーデルピルス
これっててっきり輸入ビールだと思っていたら、サッポロビールの業務用商品だったのね。
亡き札幌の義父が贔屓にしていた小樽の寿司屋、大和家でよく飲んだビールがこれ。
ほー、エーデルピルスの缶が出たんだ〜と思って買って飲んだらおいしかった。苦味がきいてて蒸し暑い時期でもいける。
出かけずに家で枝豆でビール飲んでる分にはたいしてお金かからないよねーなんか言いつつ・・・いったいこの夏どれだけ飲んだか。

そんな引きこもりの夏休みでしたが、1回は「おやじ飲み同好会」の例会で銀座に地ビールを飲みに出かけました。
銀座といっても東銀座のはずれ、地ビールレストラン?ブルワリー?いんや外観はまるっきり「縄のれん」・・・しかも行ったら「準備中」の札下がってるし。

「あのー予約してるんですけど・・・」
「あ、入って!入って!」
「準備中になってますよ?」
「あっ、忘れてた。ひっくり返しといて」
・・・怪しすぎる・・・不思議な空間に足を踏み入れたかも。

自家製ビールここでは4200円で本日おまかせ料理+自家製ビールが飲み放題(2時間)システムなのだ。
ビールはピッチャーでドンと出てくる。ビールのピッチャー出しってどうなの?と思ったがこれが意外と冷えててうまい。


ビールはヴァイツェンと呼ばれる小麦の白ビール。かすかに白く濁っている。
フルーティーな香りとかすかな酸味。エーデルピルスとは反対に苦味がないので、ビールは苦いから嫌というお嬢さまでも飲めると思います。

いろんなところで「地ビール」と呼ばれるものを飲みましたが、こんなに手作り感いっぱいでしかも飲みやすいビールって初めて。しかも銀座(はずれだが)。
あまりにも飲みやすいので、マスターにアルコール度数を尋ねたら「さっきのは5%、こんど出すのは4.5%」とか言って、どうもロットによって変わるらしい。ちなみに1ヶ月と1週間前に仕込んだビールとのこと。

かつおたたき料理は8品ほど出てくる。かつおのたたき。なぜかみかんがのっている(笑)。家庭的な味でおいしい。


いか大根いか大根。ビアホールで飲むとつい揚げ物とかポテトとか食べてお腹いっぱいになってしまうが、ここの料理は基本的に居酒屋料理。なので際限なくビールが飲めるわけ。


女子3人で行って「飲み放題ってそんなに飲めないよね」なんて言ってましたが、ピッチャー4杯は開けたと思います。気がついたら隣のグループもマスターも一緒に同じピッチャーから飲んでるし・・・もしかしてこういうところがドイツ式?

地ビールってお店で飲むとけっこうお高いものなので、飲み放題と言うのはあまりに太っ腹。難点はトレイが1個しかないこと。みんなビールじゃんじゃん飲んでトイレが1個はキビシイ。

店もマスターも個性的すぎますが、地ビール好きはチャレンジする価値あり。
大勢で行くほうがよろしいかと。

居酒屋 八蛮 中央区銀座2-14-9

郡山のゆべし

  • 2008.05.14 Wednesday
  • 10:42
聴覚障害のある子供たちのために日本全国を飛び回っている言語聴覚士のA先生は、いつも私に各地のおやつを買ってきてくれるのですが・・・郡山のおみやげにいただいた「ゆべし」・・・これおいしい!

かんのや ゆべし

でもこれって「ゆべし」なの?
柚子の皮をくり抜いた中に味噌みたいなものが入っていて蒸したものが「ゆべし」だと思ってました。(正直言ってあまりおいしいとは・・・)

でもこの「ゆべし」はしょうゆ風味の柔らかいお餅でこしあんを包んだもの。
いわゆる、普通に餅菓子です。
こういう味、大好き・・・6個入りを一人で全部食べちゃった。

東北出身のA先生は幼少のころからこれが「ゆべし」だと思っていたそうですが、そういえばくるみが入っているのが普通で、こしあんが入っているのはこの「かんのや」のオリジナルらしいとのことです。

ちょっと調べてみると、「ゆべし」とは古代からの保存食で、くり抜いた柚子に米の粉や木の実を詰めて蒸して乾燥させたもの。それが柚子を使った餅菓子になり、東北に伝わって、東北では柚子は栽培できないので、米粉、くるみ、ごまなどを使った餅菓子に変形していったらしいです。

いずれにせよ、この三角のゆべし、おいしい。
福島県物産展があったら要チェック。

そして今日はデスクの上に「うなぎパイミニ」が・・・そういえば沼津出張って言ってたような。

伊勢うどん

  • 2008.03.29 Saturday
  • 08:36
で・・・結局、伊勢には赤福しかないのか? っていうと、もう一つ「伊勢うどん」という名物がありました。
おはらい町で食べたかったんだけどあまりに混んでいたので、伊勢市駅に戻ればどこかで食べられるかと思ったら店がなくて。うーん、残念。

駅の売店にお土産用の「伊勢うどん」(2食入り480円)があったので買って帰り、うちで作ってみました。

伊勢うどん伊勢名物 伊勢うどん。青ねぎを載せてみましたが、余計なものは載せないほうがおいしいと思います。


太くてモチモチの柔らかいうどんに、濃厚なタレをかけて、というかからめて食べる・・・讃岐にもゆでたうどんに醤油をぶっかけて食べる「生醤油うどん」ってのがありますがあれとも全く違う、今まで食べたことのない「うどん」でした。

タレは見た目は真っ黒ですが、たまり醤油がベースなので甘味がある・・・なんというか、うどんなんだけど「みたらし団子」を食べてるようなかんじ?

最初は「なんだこりゃ」と思いましたが、妙にくせになる食感で、結局2日続けて2食食べてしまいました。

こんど伊勢に行ったら、絶対食べるぞ!


PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

twitter

    follow me on Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM