スポンサーサイト

  • 2017.10.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    弘明寺商店街(横浜市南区)

    • 2015.02.05 Thursday
    • 22:26

    久しぶりの商店街歩きは、横浜の先まで足を延ばしてみました。

    京急の弘明寺(ぐみょうじ)駅を降りると、そこはお寺の裏側でした。
    どこに商店街があるんだろうと思いながら坂道を降りていくと、立派な仁王門がそびえ立つ。

    この両側に立っていらっしゃる金剛力士像は県内最古のものだそうです。
    よく見なかったけど。
    急な階段の上に本堂がある。

    そして、この仁王門の正面に参道のようにアーケードが伸びていました。

    アーケードアーケードとしては短いけど、なかなか活気のある商店街。

    カメラ屋カメラ屋さん。
    昔ながらの個人商店が多く残っている。

    昭和の不二家昭和型の不二家。
    かつて京王渋谷駅の下にあった不二家もこんな感じだったよね。

    和菓子和菓子店その1。
    ここで「ぐみょうじ餅」(くず餅)を買う。


    喫茶店推定80代のお母さんと推定60代の姉妹がやっているみたいな喫茶店(あくまで推定)。
    BGMは「ここに幸あり」とか「学生時代」とか・・・昭和にタイムスリップ。

    漬物屋漬物店。
    味噌漬けの量り売りを買ってしまった。



    県指定和菓子店その2。
    ここで豆大福と「県指定観音最中」を買う。
    「県指定」って?



    桜橋アーケードのほぼ真ん中に大岡川にかかる橋。
    両岸が桜並木なのでお花見スポットとのこと。

    街の本屋街の書店も健在。
    八百屋、肉屋、漬物屋、菓子屋、洋品店、呉服屋に飲食店。
    大きなスーパーなどはないが、必要な揃っていて空き店舗も少ない。
    使い勝手のいい商店街らしく、人の通りも多い。




    アーケードを抜けると、横浜市営地下鉄の弘明寺駅です。
    地下鉄には乗らず、鎌倉街道を上大岡まで一駅分歩いてみました。

    上大岡ここがゴール。
    上大岡駅前のタワーマンション。

    上大岡は昔、一度来たことがあるはずですが、再開発が進み、全く面影はありません。
    立川も溝の口も武蔵小杉も、20年前とは全く様子が違うので、まあそんなもんでしょう。

    タワーマンションの足元に、片側だけ店舗の残っている短いアーケード街があり、これがおそらく再開発前の遺跡かなと。

    スナックビル発見。
    再開発ビルの下にしぶとく残るスナックビル。
    こういう景色は小杉にもあるよ。

    京急川崎経由で帰ってきましたが、JR川崎駅も北口改札を作る工事が始まっていて、京急川崎駅とちょっとだけ歩み寄るのか?
    京急川崎駅の隣にあった京急ストアも壊されて工事中。
    街って、ちょっと目を離すとたちまち変わっていくね。
     

    新小岩ルミエール商店街(葛飾区)

    • 2013.11.10 Sunday
    • 16:01

    11月の3連休は当初は天気がいいという予報だったので、久々に繰り出してみましたが、途中で雨が降っちゃって・・・。
    こういうときやっぱりアーケード街はいいよね、ってことで、今回は新小岩ルミエール商店街に行ってきました。

    私のように主に東京西部で育った人にとって、東京の東側って秘境といいますが、すごいアウエー感があります。
    具体的には、総武線も錦糸町を過ぎると、異国情緒・・・とまでは言いませんが、地方都市に降り立ったような感じ。
    逆に、東京の東側の人は、吉祥寺も過ぎて、立川とか八王子とかに来ると「地方都市?」「ここは東京?」というプチ旅行感を味わうんじゃないかと思います。

    錦糸町は立派な駅ビルになりましたが、新小岩はかなり古い駅舎です。
    総武線の昔のたたずまいを残しているというか。

    真正面が、ルミエール商店街。
    昭和34年に葛飾区初のアーケードとして誕生、全長420メートル。

    アーケード空き店舗も少なく、活気ある商店街で、駅の近くは新しい店も多いけど、古い店も結構しぶとく生き残っている。

    本屋街の書店が2軒、街の写真館が2軒営業中。

    自転車屋自転車屋さん。

    染物屋染物屋さん。

    傘屋傘屋さん。

     
    続きを読む >>

    佐竹商店街(台東区)

    • 2013.01.27 Sunday
    • 21:28

    主な商店街はだいたい行き尽くしたなんて豪語しましたが、商店街はまだいくらでもあり・・・特に、東京のイーストサイドは遠いこともあって、未踏商店街がまだまだあります。

    今日は台東区台東四丁目、駅で言うと御徒町にある佐竹商店街を探検してみました。

    御徒町と言えば一年中活気あふれるアメ横や貴金属専門店街が思い浮かぶと思いますが、そこから少し離れた台東4丁目から3丁目にかけての全長300メートルほどのアーケード街が、佐竹商店街です。

    佐竹というのは現在の地名にはなく、江戸時代、秋田佐竹藩の上屋敷があったことに由来し、明治、大正、戦後にわたって賑わった歴史ある商店街です。

    佐竹商店街現在の佐竹商店街。アーケードに舗装、看板、商店街のエピソードを書いたタペストリーなど、商店街の活性化に踏ん張ってます。

    ブチックアパレルの台東区、生鮮食品よりも洋品店が目立ちます。こちらはファッションの店ふしぎどう












    ファッション主にシニア向けのファッション。安い!

    ジャムロールカステラ、ジャムロール、コーヒーロールとアップルパイだけの中屋洋菓子店
    ジャムロールを買って帰りたかったのだが、店は開けっ放しなのに、店の人が誰もいなくて買えなかった・・・。


    金物屋なんでも売ってる店。こういう店が近くにあると暮らしやすいよね。

    ふとん店由緒ありげなふとん店。閉まっていましたが。


    ゼイタク煎餅人形焼きとゼイタク煎餅の店。

    商店街に人は少なく、奥のほうに行くとマンション化、多国籍化が進んでいて、かつての下町商店街の賑わいは想像力で補うほかありません。

    でもゴミ一つ落ちてるわけではなく、海外のダウンタウンのように荒れた感じもない・・・整然として清潔なところが、日本、それも東京の下町だなと思います。

    おかず横丁(鳥越)も近いので、久しぶりに再訪してみました。

    こちらもますます寂しい・・・閉めてしまった店も多いのですが、それでもきちんと人が生活している下町らしい端正さは健在。


    またまた歩いて御徒町に戻り、観光客となってアメ横を冷やかし、ちょっとレアな新潟の酒を買って帰りました。

    新潟の酒←実は私のバースデープレゼントとして買ってもらった。

    押上〜業平(スカイツリーの足元を歩く)

    • 2012.12.02 Sunday
    • 22:02

    商店街は行き尽くした・・・つもりでしたけど、スカイツリーの地元として有名になった押上商店街のことは知りませんでした。

    スカイツリー開業の前後、よくテレビで紹介されていて、へーそんなところがあったんだ、でも、いまごろ行っても人が多いよねーと思っていたのですが、スカイツリー開業後も地元商店街にほとんど人は流れていない、という話を聞き、それならと出かけてみました。

    半蔵門線で押上駅まで行くと、スカイツリーの真下に出るのですが、今回は観光客で賑わうスカイツリータウンを完全スルーで、押上商店街方面に直行。

    京成橋から京成橋からスカイツリーを望む。
    この辺からだとかなり上を見上げないと、ツリーの全体は見えない。

    北十間川隅田川に流れる北十間川。スカイツリーもこの運河に面して建っている。

    業平から見えるタワー浅草通りの業平商店街
    いまは、周辺の三つの商店街とまとめて、おしなり商店街と呼んでいるようです。
    ビルの後ろに見えているのがスカイツリーの足元。デカい。

    業平裏通り浅草通りは商店街と言うには幅が広すぎて、日曜日に開いている店も少ないので、観光地としては寂しいものがありますが、一本裏道に入ると、昔ながらの生活感が残っていて、スカイツリーとのギャップが面白い。

    キムラヤパンかつてはあちこちにあったキムラヤという屋号の街のパン屋。
    ここで菓子パンを購入。
    こちらの業平キムラヤは、洋食屋と居酒屋も経営している模様。

    キムラヤ洋食裏側にある洋食のキムラヤ。営業中ですが、観光客にはちょっと入りにくい雰囲気が・・・。

    春慶寺ビルになっているお寺、春慶寺
    四世鶴屋南北の墓があるということで、歌舞伎俳優の名前がずらりと奉納されている。

    味吟いい香りがすると思ったら、いかにも下町らしいかんぴょう巻きと稲荷ずしだけの店味吟
    持ち帰りがメインだがイートインも可。とてもおいそうだったので、お土産に購入。

    おしなりくんちおしなり商店街のゆるキャラ、おしなりくんの家。空き店舗を観光案内所にして、無料でお休みくださいなんだけど、非常に入りにくいかんじ。一工夫ほしい。

    業平四丁目、業四市場商店街に入ると、にわかに人の気配が。

    市場業四市場の食料品店。
    何がビックリしたかって、店内にいまどきパチンコ屋でも聞かないという軍艦マーチがガンガンかかっていたこと。


    スーパーそして店の上にはスカイツリーがグサっと刺さっている。

    白菜1個130円(おひとり様4個まで)と、卵10個88円が魅力的だったけど、電車に乗って帰ることを考えて、特売のミカンとレンコンを買いました。

    続きを読む >>

    中央林間〜大和

    • 2012.11.26 Monday
    • 16:32

    天気のいい日曜日、久しぶりに商店街探検・・・と思っても、有名な商店街はだいたい行き尽くしたので、降りたことのない駅にふらっと降りてみるシリーズです。

    まず東急田園都市線の終点、乗り換えたことはあるけど降りたことはない中央林間駅で下車して歩いてみました。

    中央林間駅ビルがあり、東急ストアがあり、いかにも私鉄の駅ができてから開発されたきれいな住宅地。
    スーパーが多くて住みやすそうですが、この沿線のほかの駅同様、商店街というほどのストリートは形成されていない。
    越後屋ちょっと外れたところに酒屋あり。こだわりの日本酒を置いている越後屋さん。
    店主おすすめの新潟の酒「喜山」を買う。

    それからまた中央林間に戻り、小田急線に乗って大和へ。
    中央林間も大和市ですが、神奈川県大和市といっても、地元の人以外はあまりピンとこないと思います。
    昔ならマッチ近藤真彦の育ったところ、最近ならなでしこジャパンの川澄選手や大野選手で有名ですが、地方都市とも言えるし首都圏郊外とも言える・・・ざっくり言えば町田の隣です。

    大和駅小田急線と相鉄線が交差する大和駅。駅ビルは新しい。

    線路の跡?駅前がスカっと広くて、遊歩道が続いている。
    これは相鉄線の線路が地上にあった痕跡かな?
    純喫茶フロリダありましたよ、怪しい駅前物件。

    南店街南店街の看板の奥には飲食店がいくつかあるような。怖くてこれ以上先には進めない。

    サンプル純喫茶フロリダ、サンプルのメニューは(昭和的に)普通なので、入ってみたかったのだが・・・上に昇る階段が怪し過ぎて断念。
    1階の中華料理店で広東麺を食べる。おいしかった。

    続きを読む >>

    渋谷30th 東急文化会館〜渋谷ヒカリエ(定点観測)

    • 2012.04.27 Friday
    • 10:54

    昨日、渋谷の東口に新しい商業ビル、ヒカリエがオープンしました。
    夕方ちょっとのぞいてみましたけど・・・人が多すぎてなんだかよくわからなかった。
    ま、そのうちすいてくるでしょう。


    東急文化会館2003年3月28日撮影東急文化会館
    取り壊しが決まったので、歩道橋から撮影してみた。

    東急フラワー1階とうきゅうフラワーがあって、ここでよく花を注文した。

    エントランス右側にユーハイム、左手に西村パーラー。

    東急文化会館といえば、「プラネタリウムでデートした」とか、ロードショーの記憶とか、映画祭とか、三省堂書店もあったし、それぞれの世代にそれぞれの思い出があると思います。

    私にとって特に思い出深いのは、8階にあった東急ゴールデンホールという宴会場。
    かつてここで渋谷ライオンズクラブが例会をやっていて、よく社長のお供についていきました。

    渋谷にこんなところがあるのか・・・という落ち着いた場所で、大きなホテルがなかった渋谷では貴重な大人の社交場だったようです。

    またここの静かなロビーラウンジが穴場で、渋谷駅から傘をささずに来られるので、年配の先生との打ち合わせに利用するようになった頃には、「私って渋谷上級者?」などと思ったものです。

    銀座の老舗を集めた特選街もすでにレトロで、資生堂美容室のちょっと敷居の高い雰囲気とか、この施設ができた当時は、おそらく渋谷にはなんにもなくて、だから「文化」だったんだろうなと思っていました。

    2003年に取り壊された後、かなり長い間、東横線の地下化工事の資材置き場として使われていましたが、ある日、気が付いたら、にょっきりと高いものがそびえていて、ビックリ。

    続きを読む >>

    渋谷30th いとしの富ヶ谷(3) 代々木八幡宮

    • 2012.04.25 Wednesday
    • 22:27
     駅名の由来でもある代々木八幡宮

    最初はどこにあるのかと思っていました。

    ・・・というのも、代々木八幡駅の上を、山手通り走っているのですが、どこから上に登るのかよくわからなかったのです。

    階段実はそこかしこに階段が。

    パワースポット山手通りを少し新宿方面に進むと、右手に小高い丘があり、雑木林に守られたその頂に八幡宮があります。

    代々木八幡宮明治神宮よりよほど古い、鎌倉時代から代々木を守っている鎮守の森
    ここは確かにパワースポットですわ。


    道祖神目の前を車がビュンビュン通り、高層ビルも近いのに、標高32メートルの境内は、いつもシーンとしている異次元空間

    この境内からは石器時代の住居が発掘されて、復元模型が設置されています。

    つまり、ここには4500年くらい前から人が住んでいて、およそ800年くらい前から八幡宮が鎮座して今日に至る・・・ということです。

    震災の後、ここによくお参りに行くようになりました。
    ここで100年後、1000年後の代々木を空想する・・・あっ、しまった。

    最後の日に、お参りするのを忘れた!
    なんてことだ・・・ま、改めて行けばいいか。

    というわけで、6年を過ごした富ヶ谷ともさようなら。
    気が付いたら、ちょうど今年で渋谷区在勤30年でした。



    渋谷30th いとしの富ヶ谷(2) 代々木公園界隈

    • 2012.04.25 Wednesday
    • 09:41

    渋谷区富ヶ谷の続き。

    代々木公園駅代々木公園の西隣に小さな公園があって、そこにも桜がある。
    これは満開時の今年の桜。

    松山ビルその公園の前にある松山ビル
    昔ちょっとした縁のあった人が一時期借りていた。
    25年くらい前の話だけど、探してみたらまだあった。


    松山ビル相当古い建物だけどよく手入れされていて、おしゃれ。
    若くして亡くなった故人を偲ぶ昼休みの散歩コース。

    壁画八幡商店街の代々木公園側は、1本入ると細い道が迷路のようになっている。ぐるぐる歩いてるともとに戻る。

    魚屋昔ながらの魚屋さんがあったりする。

    イルキャンティ一人で食事できる店が多いのも富ヶ谷のよいところ。
    ランチがお値打ちのイルキャンティ
    イタリアンだけどカウンター席もあるので、たまに一人ランチ。


    大野屋大野屋。よく行くそば屋さん。
    昼から一杯やってる人もたまに見かけたけど(女性でも!)、私は修行が足りなくてできなかった。


    この街のファーストフードは、てんや、松屋、フレッシュネスバーガー、ドトールくらいで、私としては、ココイチに出てきてほしかったな。

    宇田川町にあった手打ちうどんの「やしま」が、ビルの取り壊しで富ヶ谷に移転してきたこと、さらにパルコパート3で開業していたかかりつけの小林眼科富ヶ谷に移転してきたのも、うれしいサプライズでした。

    (つづく)

    渋谷30th いとしの富ヶ谷(1) 八幡商店街

    • 2012.04.24 Tuesday
    • 17:04

    渋谷区富ヶ谷

    自分がこの街で働き始めるまで、地名としては知っていたけど、それはどこいらへんをさすの?とずっと思ってました。

    小田急線なら代々木八幡、メトロ千代田線の代々木公園・・・と言われても、小田急線の各停しか止まらない駅って、普通は降りたことないですよね。

    代々木公園の西側、基本的には木造アパートなんかもある住宅地、お隣の代々木上原ほど高級住宅地じゃないけど、渋谷駅まで歩いて20分、NHKまで10分と便利なので、小さなオフィスが集まっているけどオフィス街ではない、ちょっと穴場的な渋谷です。

    代々木八幡改札小田急線代々木八幡駅南口。
    ホームがカーブを描いている古い駅舎。
    改札の階段も半円形、古い跨線橋も残っていて、小田急線でも数少ない改築されてない駅。

    エーブル八幡商店街のシンボル?ゴミ袋から文房具までなんでも売ってる昔ながらの金物屋エーブル
    都議会選のときは、ここがそめや某の選挙事務所に早変わりします。


    八幡湯実は駅のホームに隣接している八幡湯。都会のマンション銭湯ではなく独立した銭湯です。
    代々木公園で走った人が、夕方この銭湯の前でストレッチしてる姿をよく見かけます。



    不動産屋不動産屋

    米屋米屋。よく米ぬかを分けてもらった。店頭の米ぬかを「これください」っていうと、「新しいのがあるよ」とフレッシュなぬかを出してくれる。

    酒屋酒屋。配達が中心かもしれない。

    おそらく40年くらい前までは、こういう小さな商店が並んでいたと思われる八幡商店街、その面影を残すのは、現在この3店舗のみです。
    あとはみんな細いビルに建て替わっています。

    模型屋模型屋さん。もしかしたらその道では有名な店かもしれない・・・奥の深そうなたたずまい。


    (つづく)

    青物横丁のカツ丼

    • 2011.09.25 Sunday
    • 21:15

    文字どおり、暑さ寒さも彼岸まで。
    台風15号が通り過ぎてやっと猛暑も納まりました。

    というところで、真夏は休んでいた商店街歩きを再開。

    今日は旧東海道青物横丁から北品川まで歩いてみました。

    旧東海道京急青物横丁駅からジュネーブ平和通りを歩き、旧東海道との交差点。

    八百屋やっぱり八百屋が多い気がする。

    伊豆や無性にカツ丼が食べたくなり、目に付いたそば屋に入る。
    そば茶屋「伊豆屋」さん。

    カツ丼ミニカツ丼+ミニかけそばセットを頼もうとしたら、「このミニカツ丼、全然ミニじゃないんです。女の人は食べきれないと思います」と言われる。それでもカツ丼が食べたかったので単品で頼んだら・・・でかかった。

    土曜日のランチタイム、見回せばお客さんは作業着の男性ばっかり。
    このあたりは、物流関係の会社が多いらしい。
    カツ丼も味噌汁も塩分高めの濃い味で、おいしかったけど完食できなかった・・・。

    宿場通り旧東海道を品川に向かって歩く。品川宿場通り商店街の入り口に、いい感じの看板建築が。
    すでに使われてないので、二度と見ることはできないかも。
    一期一会。
    運河へ横道の先はかつて品川の海。今は天王洲アイル。こういう風景はとっても東京らしい。
    建築新馬場商店街の古い建築物。
    今日はお祭りです。

    廃書店跡廃書店跡
    こういう「街の書店」は、今や残っているほうが珍しい。

    金物屋金物屋の建物。2階の2つの窓がオシャレなんだけど、右側はベニヤ板にしてエアコンの室外機を出している。
    電線を地下に埋めて整備されている北品川商店街

    この日はちょうどしながわ宿場まつり開催中の初日、屋台が出て賑わっていました。

    同じ京急沿線でも梅屋敷なんかと比べて、来ている人たちの年齢層が意外に若い・・・小さな子供も多い。
    お祭りだからもしれないけど、湾岸の新しいマンション住民なのかもしれない。

    歴史ある宿場町らしい風格のある商店街でした。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    twitter

      follow me on Twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM