立秋〜2017夏野菜反省会

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 14:40

 

立秋を過ぎ、暦の上では秋ですが猛暑たけなわ・・・というのが常套句です。

 

確かに暑い。

本日は36度超えの危険な猛暑です。

 

今朝も6時前に畑に行ったけど、暑くてすぐ撤収してきました。

・・・それでも、トマトにもキュウリにも先月までの勢いはなく、トンボが飛び回り、季節が変わったことを感じます。

周囲の農家さんは、あっさりトマトを終わりにして秋冬野菜の準備に入りました。

 

うちもそろそろ次のシーズンの計画を立てなければ。

 

その前に、今年の夏野菜の総括を。

 

キュウリは不作でした。

全然採れなかったわけではないけど、最初に4本、あとから4本植えてるので、順調なら冷蔵庫がキュウリでいっぱいになるくらい採れているはずですが、一番採れたときでも2日に1本ぐらい。

やはり5月の少雨と空梅雨の影響が大きいと思います。

 

やや肥料不足だったかもしれません。

弱っているキュウリに肥料をどんどんやると、どんどん悪くなるのは経験済みなので、その辺が難しい。

 

一方、雨不足がかえってよかったのか、トマトはおおむねうまくいきました。

 

今年は中玉トマトのシンディースイートの赤とオレンジ、同じく中玉のルイ60フルティカ、あとからトスカーナバイオレットという珍しい紫ミニトマトの苗が手に入ったので植えました。

 

結果として一番うまくできたのが、シンディーのオレンジ。

赤いトマトは真っ赤に完熟するまでに虫や鳥の食害に遭いやすいのですが、オレンジはあまり食害に遭わず大きく育ち、しかも甘い。

 

全体的に今年のトマトは甘くできたと思います。

ハダニもアブラムシもつかず、オオタバコガの被害も少なかったのですが、7月後半に来たカメムシに汁を吸われてかなりの数が駄目になりました。

でも、全部無事に収穫できていたらとても食べきれなかったので、食害を織り込んで多めに植えるという考え方は、無農薬栽培としては正解だったと思います。

 

トスカーナバイオレットは、接ぎ木苗ではなかったこともありちょっと病弱でした。

熟すと紫色になりますが、味は普通のミニトマト。

 

下の写真の右がトスカーナバイオレットでこれが普通のミニトマトのサイズです。

 

 

そして、今年初めてうまくできたのが、赤ピーマン、肉厚のパプリカです。

 

赤ピーマンの何が難しいかというと、赤くなるまでに非常に時間がかかる。

その間に虫が入ったり尻腐れしたりして、一度もうまくいったことがないのですが、今年は初めは青いうちに収穫し(つまり普通のピーマンとして食べる)、十分に育ってから実を残すという方針がよかったのかたまたまなのか、大きな赤いパプリカが収穫できました。

 

 

 

ナスは去年同様、相変わらず何者かに葉っぱを食われていますが、実は次々に収穫できて、これはまだしばらく食べられそう。

インゲンはそろそろ終了、オクラはもう少しかな。

 

夏野菜の料理で、今年のイチオシは、高知出身の友達に教えてもらった「ナスのたたき」をアレンジした夏野菜のたたき

ナスとオクラを素揚げにし、青じそ、ミョウガ、ショウガのせん切りをのせて、ポン酢しょうゆをたっぷりかける。

冷やしてもおいしいので、翌日でも・・・と言いながら、全部食べてしまいます。おすすめです。

 

 

 

梅雨どきの菜園

  • 2017.07.06 Thursday
  • 14:08

 

梅雨の真っ最中の畑。

だいぶうっそうとしてきました。

 

 

今年初めて植えたルイ60という中玉トマトは、結構実が大きくなりました。

 

 

ナスも順調に実を付けています。もう少しすると、毎日ナス祭りです。

 

 

高温多湿が続くここからが難しいところ。

 

春先に大発生したアブラムシテントウムシの成長とともにすっかりいなくなり、ハダニさえつかないのは、敷きわらに棲みついているクモのおかげでしょうか。

 

中玉トマトは接ぎ木苗が4本、1本だけ自根の苗です。

毎年両方植えていて、「接ぎ木苗は病気になりにくい」と言うけど、そんなに大きな違いはないなと思っていました。

 

ところが、今年は新しい畑に植えたせいか、あきらかな違いがありました。

今のところオオタバコガの食害が出ているのは、自根のトマトだけ。

 

そして今日はついに・・・葉が萎れている。

これって、萎凋(いちょう)病ってやつだ。

 

 

カビが原因の病気で、農家向けのマニュアルには、萎凋病にかかったら株ごと抜いて焼却するとか書いてあるけど、何百本も植えているわけじゃないので、そうはいかない・・・納豆水をかけて様子を見ているところです。

 

古いほうの区画は雑草天国

青じそ、バジルがどんどん繁り、インゲンも収穫の最盛期です。

 

 

下は、冬の間、室内で育苗していた金時草(きんじそう)です。

4月の末に畑に移したものの、アブラムシはつくし元気はないしで、ダメなんじゃないの?と思っていたのですが、気温の上昇とともに生命力を発揮、雑草とマリーゴールドとの戦いをほぼ制圧しています。

 

金時草は独特の香味を持つ野菜で、おひたし、酢の物、天ぷらで、結構利用しています。

いくら食べてもなくならない魔法の野菜・・・。

 

 

そして今年の新兵器は防曇袋五郎(ぼうどんたいごろう)さんです。

パッケージに妙なポエムが書いてあります・・・。

 

 

生産者の出荷用の袋ですが、農協で購入(100枚単位)しました。

見栄えがいいだけでなく、保存性もあり、人に差し上げるときにも重宝します。

 

夏野菜は毎日収穫できるので、日付を書いておかないと、どれが古いのかすぐ分からなくなりますが、これに入れて日付を書けばバッチリです。

 

 

そんなわけで、ただいまわが家の冷蔵庫は常に満杯、そして毎日同じ野菜を食べ続けています・・・。

 

じゃが芋の収穫

  • 2017.06.16 Friday
  • 21:48

 

じゃが芋はどこでも作れる初心者向けの野菜のはずなんですけど・・・。

 

2014年に初めて植えたときは、早くから葉が枯れてしまう病気(何かのウイルス)にやられてあまり収穫できなくて、以来作っていませんでした。

 

今年度は4月から2区画借りられることに決まったのが、3月に入ってから。

それなら畑に余裕もあるし、リベンジしようということで、男爵の種芋を買って1列植えてみました。

 

3月19日に植えつけ

 

 

4月22日

最初は順調だったのですが・・・。

 

 

6月2日

あまり大きく育たないうちに、何者かにどんどん食べられて葉がボロボロに。

アブラムシも付いたし、ちゃんと花が咲いたのも2株ぐらい。

 

 

6月16日

13日の雨のあとには地上部分が完全に消滅してしまった株もあり、ここで掘り上げることに。

 

 

少なっ! でも芋はちゃんとできていました。

 

 

大・中・小に選別。約6キロの収穫。

それなりにできていましたが、やっぱ10キロぐらいは収穫できないと。

 

植えたのが遅かったのと、肥料不足が原因かと。

あと、半分は同じナス科のトマトの跡地だったことも関係してるかもしれない。

 

 

それでもおいしい自分で育てたじゃが芋。

さっそく煮っ転がしで食べました。

 

来年こそは10キロ収穫を目指す!

 

雨上がりの菜園に

  • 2017.06.15 Thursday
  • 22:53

 

5月は雨が少なくてほんとに参りました。

市民農園でも、誰かと顔を合わせると、「雨、降りませんかねえ」というのが挨拶代り。

 

↓6月2日の菜園(新区画)。手前がなす、ピーマン、向こうがキュウリ、トマト。

もうカラッカラでした。

 

 

6月13日に、ついに待望の雨がかなりしっかりと降りました。

 

↓6月14日の菜園。野菜も雑草も一気に生き生き。

 

 

キュウリ、つるなしインゲン(サクサク王子)とネギの混植。

畝間に生えているのは雑草ではなく(雑草もあるけど)、肥料用のライ麦です。

 

 

耕作面積が増えたので、今年はトマトもシンディースイートの赤ととオレンジ各1本、フルティカ1本、ルイ60を2本(以上すべて中玉トマト)、さらにトスカーナバイオレットという紫色のミニトマトの苗を手に入れたので、追加で1本植えています。

↓これはシンディースイートのオレンジ。ちゃんと熟してオレンジ色になるカワイイ奴。

 

 

昨年は、4本植えたトマトすべてがアブラムシにやられてほんとに苦労したので、今年は最初からアルミホイルを敷いて、さらに畝間にライ麦の種をまきました。

ライ麦は肥料にするだけでなく、アブラムシの天敵であるテントウムシを呼び寄せる効果があるらしい・・・。

 

↓ナスは3種類4本。雨のおかげでいきなり実が大きくなりました。ゲンキンな奴ら。

 

 

ご覧のように、今年は全面的に黒マルチをやめて、稲わらを敷いています。

田んぼのないこのこの辺で、どうやって手に入れているのかとよく聞かれますが、楽天です(笑)。

 

まだ収穫はぼちぼちですが、梅雨が明けて高温になってからがいろいろ注意。

葉ダニとかウドンコ病とかアブラムシとか。

闘いはこれからだ・・・。

 

 

 

 

春の畑仕事〜耕作地の拡張

  • 2017.04.14 Friday
  • 23:13

 

ご無沙汰しております。

 

桜も咲き終わり、いよいよ農作業も本番です。

 

こちらは若いご夫婦で営農されているお隣のNさんの畑、トンネルの中をのぞいたらトマトとカボチャでした。

 

 

こちらは反対のお隣、Sさんの畑。今はほうれん草が育っています。

 

 

一昨年、近くに大型農産物直売所ができて、農家さんのモチベーションも目に見えて上がっています。

畑で育っていくところを見ている野菜が直売所に出荷されるので、おいしい野菜は直売所で買えばいいやって感じで、家庭菜園のほうはいよいよマニアックになってきました。

 

家庭菜園も5回目の春、空きが出たのでもう1区画借り、耕作地を2倍にしました。

ここが新しい領土。隣ではなく、飛び地です。

 

堆肥を漉き込んだだけで、まだ何も植えてない。

 

旧領土で冬の間にトンネルで栽培していたソラマメ、2月末にトンネルを外してみたら、案の定アブラムシがついてました。

でも、トンネルをはずして2週間ぐらいしたら、なぜかいなくなり今のところ順調に育っています。

ソラマメはやっぱり採れたての味が別格なので、自分で作りますよ!

隣にべた掛けしてるのは、ネギの種をまいたところ。

 

 

絹さやも順調です。

 

 

耕作地が広くなったので、今年は一度失敗しているじゃが芋にリベンジ。

 

3月19日に種芋を植える。

 

 

4月14日。すくすくと。

 

冬の間、室内でさし芽で育てた金時草も、いよいよ畑に移植しました。

 

今年は、トマト、なす、ピーマンなど夏野菜は新しいほうの畑に植える予定です。

場所に余裕ができたのでいろいろ挑戦してみたいけど、畑が2倍で仕事も2倍、ちょっと大変かも・・・。

 

まあ、ぼちぼちやります。

 

メリー・ロマネスコ・クリスマス2016

  • 2016.12.25 Sunday
  • 22:30

 

メリークリスマス

 

毎年、クリスマスに作った料理を記録しているのに、去年のがない!

何を作ったのか記憶にない・・・と思ったけど、昨年は前日まで忙しくて、ほとんど買ってきたものを切って並べるだけの手抜きクリスマスだったので、記録を残していなかったのであった。

 

今年は手間暇かかってます。

ロマネスコの栽培に。

 

ロマネスコはカリフラワーの一種で、クリスマスツリーを集めたような形が面白い(不気味という人もいますが)。

形も面白いけど、味もカリフラワーよりほっこりして甘みがありおいしいと思います。

なので、「クリスマスには自分で育てたロマネスコを食べよう!」と早くから計画していました。

 

 

この苗を畑に植えつけたのが9月11日。

苗も葉も、カリフラワーと全く同じで、もしかしてこれはロマネスコではなかったのではないかと疑いつつ、無農薬・有機栽培で育てていました。

カリフラワーよりも成長が遅いとは聞いていましたが、カリフラワーが巨大に成長して収穫しても、なかなか姿が見えず、クリスマスに間に合わない?と焦り始めた頃。

 

 

やっと姿が見えました。

これが12月4日。

 

それからだいぶ暖かい日もありましたが、クリスマス会の前日、12月22日にやや小さめながら収穫。

 

ニンジン、かぶ、小松菜も収穫。

 

 

最大の収穫は大根。2ℓのペットボトルと比較。

こんなに大きくなるとは!

 

 

続きを読む >>

食糧基地

  • 2016.11.02 Wednesday
  • 22:20

 

9月の長雨と台風の影響を引きずり、野菜の高騰が継続しています。

 

頼みの綱は家庭菜園。

 

9月の初旬に種を撒いたダイコンが、1か月後にはこのぐらいに育っていました。

いつまでも暑かった10月半ばまでは防虫ネットをかけていたので、無農薬でも完璧。

(ネットをかけていても、駄目なときは駄目)

 

ちょうど端境期でホウレンソウなどの葉ものがめちゃくちゃ高かった時期、このダイコンの間引き菜を食べてました。

 

 

さらに1か月後、現在のダイコンの姿です。

小さめですがすでにダイコンとして収穫できます。

昨年は葉っぱがアブラムシにやられてしまいましたが、今年は葉も実も完璧です。

 

ダイコンは同じ場所で繰り返し作ったほうがいいそうで、この場所で連作しているのですが、それがうまくいってるのか、夏にマリーゴールドを植えてすき込んだのがよかったのか?

 

 

のらぼう菜と春菊をばら撒いたところも、かなり繁ってきました。

間引きながら利用。

 

 

遅くに撒いたニンジンも、10月の気温が高かったせいで無事に成長、野菜の高騰で欲を出して、あとからすき間に撒いたルッコラも発芽しています。

 

 

現在の菜園。

手前からダイコン、ニンジンのトンネル、カリフラワー類、その向こうが小松菜とカブのトンネル。

 

 

ついこの間まで、トマトやナスが繁っていた畑です。

季節の過ぎるのが早い・・・。

 

秋の菜園

  • 2016.09.12 Monday
  • 10:42

 

どんなに暑くても、畑に行くと、立秋には既に秋の気配を感じていました。

畑に歩いていく道すがら、セミの声から秋の虫に徐々に変わっていくのもよく分かります。

 

8月になったらどんどん夏野菜を撤収し、秋野菜の準備をてきぱきと進めていくのがプロの農家さんですが、収穫できるうちはなかなか思い切れないのがアマチュア。

 

それでも、台風が来る前の8月上旬にキュウリ、中旬にトマトを撤去し、残滓も畑にすき込みました。

今年はどちらも十分な収穫を与えてくれました(正直に言って食べ飽きた)。

 

オクラとシシトウもそろそろ終了という感じですが、今年はナスが順調で切り戻しもしていないのに、9月に入ってからも収量が落ちていません。

 

これは9月10日の収穫。

鷹の爪用に、1本植えた赤唐辛子もすっかり赤くなりました。

 

 

まだしばらく獲れそうな2本のナス。

 

 

この夏は、雨が適度に降ったせいなのか、化学肥料を減らして米ぬかを肥料にしたせいなのか、葉っぱを見るとそんなに元気に見えないんだけど、花落ちもなく次々に実をつけています。

 

で、毎日ナスを食べ続けていますが、ナスは和洋中といろいろに料理できるので割と飽きない野菜です。

 

そして夏野菜が少なくなったわが菜園の眺めは、さながらサトイモ畑。

 

サトイモは長く場所をとるので今年は作らない予定でしたが、昨年収穫して保存していた芋から芽が出てきてしまったので、そんならせっかくだからと植えたのが3本。

そしたら、畑の隅に捨てた(埋めた)つもりの親芋から勝手に出てきてしまった(いわゆる野良芋)のが、4本。

 

 

これが一番立派に成長した野良芋。

今まで畑に埋めても勝手に出てきたことはないので、これは暖冬のせいなのか、適度に雨が降ったせいなのか、謎です。

 

 

失敗作はトウモロコシ。

何者(カラス?)かが上手に皮をむいて実を食べてました。

もともと食用というよりは緑肥にするつもりだったので、ザクザク刻んで土の中へ。

 

 

大根は同じ場所に撒くとだんだん味がよくなるそうなので、去年大根を作った所に大根の種を撒きました。

遅いけど、ニンジンの種をもらったので、それも撒いた。

(北海道の台風被害で今年はニンジンが高くなりそう・・・)

 

そして昨日、カリフラワーとロマネスコの苗を植えました。

ロマネスコはカリフラワーの一種で、買うと結構お高い野菜なんですが、1本60円の苗で挑戦。

 

 

それから、資材置き場を逆サイドに移動。

相変わらずワイルドな9月の菜園です。

 

 

 

梅雨の菜園

  • 2016.07.12 Tuesday
  • 11:06

 

今年の梅雨は九州地方が連日の大雨で、熊本地震の被災地の復興は大丈夫なのかと遠くから気にかかります。

 

こちら神奈川県ではジメジメした天気が続いているものの、晴れが続いてそろそろ水やりしなきゃと思う頃に適度な雨が降って、畑の状態としてはちょうどいい感じですね。

 

ワイルドな今年の菜園。

 

今年のトマトは、葉が茂り過ぎ(肥料過多)のうえ、初めてのことですが、アブラムシが大量発生、毎朝ガムテープでアブラムシをはがしに行くという事態に。

でも、今のところ、トマトの実にはさほど影響がなく、中玉トマトが次々に熟しています。
 

葉が黄変して穴が開き、一時は今年もダメかと思ったキュウリも、梅雨に入ったあたりから元気を取り戻し、立派な実を毎日付けています。

 

 

ナスも、虫に食われて葉がレース状になりながらも、頑張っています。

 

 

一番成功しているのは、甘とう美人という品種の大型のししとう。

万願寺唐辛子ぐらいの大型で、万願寺より育てやすい新品種。味も良いです。

苗で1本しか植えてないけど、虫もつかず、どんどん獲れます。

 

 

マリーゴールドは、去年まではポットで育苗して畑に移植していましたが、今年は畑に直播きして植え替えました。

その残りを放置していたら、去年のこぼれ種から青じそ・赤じそが勝手に生えてきたので、そのままにしています。

しかも、去年ここに捨てた里芋も「野良芋」となって生えてきた!

 

 

これから盛夏に向けて種から育てているオクラ。だいぶ大きくなりました。

稲わらマルチでやっています。

 

 

今年は、今まで以上に虫害やら病変やら発生しているのですが、去年のキュウリやナスのように完全にダメになったものはまだなく、ここまで何とか頑張って収穫することができています。

 

化学肥料を減らして米ぬかや稲わらを使っているのがいいのか、これが梅雨があけて連日の高温になったらどうなるのか、まだわかりませんが、いずれにしても、無農薬でやろうと思ったら、「鳥や虫と食糧を分け合う」という大らかな気持ちにならないと無理です・・・。

 

 

今朝の収穫。

キュウリ7本は最高記録。

 

毎日収穫していると冷蔵庫がどんどん野菜でいっぱいになって、訳が分からなくなります。

買った野菜の袋は(全てではありませんが)野菜が長持ちする素材だったりするので、捨てないで、収穫した野菜の保存袋として再利用しています。

値札シールのところに日付けなども書けるので、なかなか便利。

 

 

さて、今日は甘とう美人の煮びたしでも作ろうかなっと。

 

 

夏野菜の風景〜支柱立て完了

  • 2016.05.17 Tuesday
  • 11:06

ゴールデンウイークが過ぎると、植え付けの終わった家庭菜園の眺めも一変、皆さんおつかれさまという感じです。

右側が5月1日に植えつけた中玉トマト(自根苗・品種不明)、左側が5月5日に植えつけた中玉トマト(接ぎ木苗・フルティカ)。
今のところ最初の苗のほうが威勢がいい。ちょっと葉が茂り過ぎ?

今まで支柱は家庭菜園の教科書どおりの合掌式にしていたけど、風に吹かれて結び目が緩むのと、成長したトマトの重みでどうしてもだんだん傾いてしまう。
周りの農家さんの支柱の立て方を見習って、互い違いに組んでみる。こうすれば成長した枝がぶつからなくて合理的。継ぎ手も専用のジョイントで。これでどうだ?!

こちらはキュウリとナス。有機栽培を目指していろいろやってみたけど、結局化成肥料を追加したらしい(私の担当ではないので)。
ナスは葉が虫に食われてスケルトンになっている。大丈夫なのか?


冬から春にかけてさんざん収穫したのらぼう菜を、採種用の1本を残して片付けたところ、大根のような大きな根が張っていた。
こんなの初めて見た。早めに植えつけたのがよかったのか。
ちなみに、ポット撒きでも直撒きでも、どっちがどっちか分からなくなるくらい差がなかった。

ディル、ネギ、カモミール、その他雑草と混植のにんにくも、葉が枯れてきていよいよ収穫近し。ディルは花が咲いているので、またあちこちから芽が出そう。

今年はここにバジルの苗を植えて完成。

支柱を立てた翌日に行ったら、頼んでもいないのにクモが巣を張って虫を捕まえてくれていました。
小さな菜園ですが、いろんな生き物が仕事してくれています。

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

twitter

    follow me on Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM