スポンサーサイト

  • 2017.10.02 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    イチジクのジャム

    • 2017.08.24 Thursday
    • 14:16

     

    イチジクというと、私の同世代は、「子供のころ、庭にあったイチジクの木に登って食べた」「熟してぐちゃぐちゃになるとアリがたかって・・・」「白い樹液が臭かった」などなど、身近な果樹ゆえのネガティブな記憶を持っている人が多く、共通するのは「買って食べるほどのもんじゃないよね」という認識。

     

    私にも、幼いころ、官舎の中庭にあったいちじくの実を勝手に獲って食べた記憶があります。

     

    でも、今のスーパーで売っているいちじくは、多分品種が違うんじゃないかなと思います。

    実も大きいし。

    そして結構お高いので、ますます「買って食べるほどのもんじゃ・・・」となるわけです。

     

    私もずっとそう思っていましたが、昨年たまたまイチジクをいただいて、それをジャムにしてみたら、若者風に言うなら、ヤバイ、うま過ぎる・・・。

     

    今年は買ってまで作っています。

     

    作り方は単純で、皮をむいて適当に切り、イチジクの30%の砂糖と大さじ1くらいのレモン汁を加えて煮る。

     

     

    砂糖30%はジャムというより甘煮に近く、形を残して煮ればコンポート風です。

    しっかりジャム状にしたければ、水50ccぐらい足して煮崩れるまで加熱。

    いずれにしても、冷蔵庫で保存して早めの食べきり推奨です。

     

     

    イチジクはジャムにすると、なぜかほんのりバニラみたいな香りがします。

    これをバニラアイスに添えると絶品。

    マスカルポーネチーズと合わせるのもおすすめ。

     

     

    イチジクは便秘に効果があるとよく言われますが、酵素が強いので食べ過ぎに注意です。

    1パックで1瓶できるので、それぐらいが適量かなと。

     

    来年もやるよ。

     

     

    その後の高菜漬け&たけのこの季節

    • 2015.04.05 Sunday
    • 10:05

    その後の高菜漬けです。

    全体量が少ないせいかなかなか水が上がらず、呼び水をしたり塩を足したり天地を入れ替えたりすること1週間。

    やっと漬け物らしくなり、水にも紫色が移ってきた。
    (多少紫色=アントシアニンの入った葉っぱだった)

    室内も暖かくなってきたので、これ以上はカビる危険があると思ってジプロックに入れて冷蔵庫に。

    この状態で、庫内で少しずつ漬かり続けている。

    高菜漬けってあまり食べたことがないので、これがうまくできてるのかどうかは分からないんですが、少し酸味も出てなかなかおいしい漬け物になりました。
    少し塩分が強いので軽く洗って食べてます。

    続いて、福岡の友より今年もたけのこが到来。

    すごいよ、この立派なたけのこ。
    美しい・・・。

    大量のぬかを投入して、2鍋で約1時間ゆでる。

    1晩おいて皮をむいたところ。
    皮をむくのが楽しい。大量の廃棄物が出るけど。


    お花見に、たけのこご飯と、鶏つくねとふきと一緒に炊いたのを持っていく。

    全部いただきものですね。
    本当にごちそうさまです。
     

    2014 稲刈り@小川町

    • 2014.10.19 Sunday
    • 22:27

    昨年ついに田んぼデビューした私ですが、今年も埼玉県小川町のイムラボさんの田んぼの稲刈りのお手伝いに行ってきました。

    開始前今日のノルマは最後の1枚。
    昨年より小さい田んぼなので、今度こそ楽勝?

    バインダー稲刈りといっても手で刈るのはほんの一部で、バインダーというバリカンみたいなもので刈り取り+結束されたものを拾い集めて・・・。

    丸太を組み立てて、掛けていく。
    この反復作業が実はけっこうな労働で、人手のかかるところ。

    持ち寄りでランチタイム。
    私は肉じゃがと和風チキンナゲット。
    田んぼでみんなで食べるご飯は最高においしい。

    昨年は台風前夜で今日中にどうしてもやらねばならぬで、日没まで必死でやりましたが、今年は天候もよく、私も二度目で多少要領がわかっていたので、サクサク進み3時頃には完了!

    できた!
    余裕です。

    昨年も、稲刈りしてる私たちにカメラを向けている人がいて、はざ掛けがそんなに珍しいのかな?と思っていましたが、違った。

    ここは、撮り鉄さんには知られた、八高線の撮影ポイントらしいのです。

    八高線朝来たら、昨年は誰もいなかったこの農道に三脚がずらりと並んでいてびっくり。
    この日は八高線全通80周年記念列車が通るということで、警備の人が来るぐらいたくさんの人が集まっていました。




    その特別列車は一瞬で通り過ぎ、撮り鉄さんたちは、粛々と撤収していきました。大変おつかれさまでした。
    (車止めるのでちょっとどいてくださいなんて言ってすみません)

    ↓こういうもの。
    八高線全通80周年記念号

    稲刈りは結構な労働ですが、やっぱり収穫って楽しい。
    一年に一日でも、お米を作るのってホントに大変なんだなーと実感すると(翌日の筋肉痛とともに)、毎日食べているご飯ももっとおいしく感じるような気がします。
     

    初めての稲刈り

    • 2013.10.15 Tuesday
    • 09:09
    よく晴れた三連休の三日目、埼玉県小川町に稲刈りボランティアに行ってきました。

    小川町は、池袋から東武東上線急行で70分。
    川越の先、秩父の入り口というか、いわゆる中山間地でのどかな里山。
    伝統工芸としての手すき和紙で有名なところ。


    田んぼ無農薬・有機農法を志し、小川町に移住して3年目のOさんの田んぼは3枚。
    そのうち手前の2枚は稲刈りが終わって、はざ掛けしている。
    向こうに見える残り1枚が今日のノルマ。人手は大人5人。
    なんだ、もう少しじゃん、と最初は思ったのだが。


     手で刈るのは外周だけで、あとはこのバインダーという稲刈りと結束を同時にできる芝刈り機のようなもので、がーっと刈り取っていく。
    なんだ、楽勝じゃんと、このときもまだ思った。

    結束手で刈り取ったものは、1束ずつ手で束ねて稲わらで縛っていく。
    この「縛る」という地味な作業が結構な力仕事で、もちろん中腰。
    バインダーの刈り残しは手で刈り、落ちている稲も拾って束ねる。


    ランチお昼は持ち寄りで。Oさんちのお米の玄米ご飯、なすと万願寺の炒め煮などいただく。
    うちからはモロッコインゲンと油揚げの煮びたし、切り干し大根、カボチャのそぼろ煮など。
    肉体労働のあと、田んぼのあぜ道で食べるご飯はうまい。

    大変なのはここからなのであった。
    刈り取った稲を天日干しにするため、はざ掛けにするのだが、「はざ掛けスタンド」というものが予め設置してあるわけではもちろんなく、丸太を使ってバランスよく組み立てるところから始まる。
    組み立ては主に男性陣がやりましたが、最後に接点を荒縄でしっかり縛る。
    これもまた力仕事。


    はざかけ田んぼに散らばってる稲の束を集めて、1束ずつはざ掛け台に掛けていく。
    これにもちょっとしたルールがあって、要はたくさんの稲をぎっしり掛けなければいけない。
    ←これは私の初めてのはざ掛け。まあまあだな。

    ひたすらはざ掛けしているうちに、田んぼの稲も残りだいぶ少なくなってきた。でも、日没が迫ってきたので、だんだん焦ってくる。
    観光客なのか向こうを通る八高線を撮りに来た鉄ちゃんなのか、私らのはざ掛け作業を撮影している人がいた。
    私ら本物の農家じゃないんですけど・・・体験舞妓なのに観光客にカメラを向けられているような気分?(違うか・・・)

    台風26号が接近中、明日は雨の予報ということで、最後にすべてのはざ掛けにビニールシートをかけて、風で飛ばないようにひも掛けして縛る。またまた縛る作業。
    最後は日没との競争になったけど、なんとか完了。
    やったー。ふぅ。

    親戚にも農家がいないので、田んぼは車窓から眺めるだけでこれまで一度も入ったことがありませんでした。
    みずほの国に生まれて、それはいかがなものかと思っていたところに、お誘いがあったのでいい機会でした。

    もっとも、これまでなら誘われても、「どんな格好で行けばいいの?長靴もないし」とか思って躊躇したところですが、今なら帽子から長靴まで、毎日の畑仕事のコーディネイト(?)があるので、そのまま行けばいいやって感じです。

    デモンストレーション的な体験農業ではなく、人手が足りなくて稲刈りが間に合わないという話を聞き、私としては援農ボランティアという覚悟で行ったので、「今日中に刈り取らないと台風が・・・」「日没までになんとか・・・」という切羽詰まった本気の農業体験ができて充実した一日でした。

    無農薬・オーガニックで安心安全とか、天日干しのはざ掛け米がうまいとか、都会の人は簡単に言いますが、どれだけ人の手がかかるか、いっぺんやってみる?という話でした。

    次は田植えか・・・。
     

    今年のマーマレード

    • 2013.03.19 Tuesday
    • 21:32

    今年もKPara農園から、無農薬の夏みかんをどっさりいただきました。

    新鮮なうちにさっそくマーマレードに。

    作り方はこちらです。

    今回は4個約1200gに砂糖600gで作りました。

    水に漬けて2時間、加熱に2時間、下準備を入れて約5時間コースです。

    こんなにたくさんできちゃいました。

    種ペクチンを入れ過ぎて、人様に差し上げるには、ちょっと苦かった。

    私一人で食べようじゃないか。

    苦いマーマレード大好きなので。

    この夏みかんは、そのまま食べても、ガツンと酸っぱくておいしいのです。
    かんきつ類が好きな人にはたまりません。

    ありがとうございました。

    おひつ2号

    • 2013.01.23 Wednesday
    • 10:07

    震災後、鍋でご飯を炊くようになり、おひつも使っているという話を以前に書きました。

    おひつ1号は、曲げわっぱの表面を塗ったものだったのですが、意外と耐久性がなくてとうとう表面が割れてしまいました。

    おひつ1号を購入した段階では、おひつにご飯を移すという行為が本当に習慣化するのかわからなかったので、安くて軽いもの・・・温泉旅館で使ってるようなプラスチックでもいいやと思っていたほどなんですが、結局、おひつ生活に完全移行、電気炊飯器は全く使わなっちゃいました。

    うちは一度に炊くのは2合、慣れれば鍋のほうが早いし、簡単だからです。

    というわけで、我が家の必需品となったおひつ、2代目はちょっと奮発して、いわゆる白木の江戸おひつというやつを買いました。

    おひつ2号おひつ2号

    3合用サイズで直径21センチ。
    ヒノキではないので、それほど高価ではない。

    最初に、この手のおひつを選ばなかったのは、値段のこともありますが、洗いにくいんじゃないかとか思ったのです。

    ところが、実際使ってみたら、木肌がご飯の水分を吸収するので、ご飯粒があまりくっつかない。
    パリッとはがれます。
    前のおひつのほうがご飯が取れにくくて、洗うときは水に漬けたりしていたので早く傷んだのかもしれません。

    そして、ご飯がおいしい!!

    温かいご飯もおいしいのですが、おひつに入れたまま冷えたご飯がまたうまい!
    一応これ、このまま電子レンジに入れられるっていうのが売りの商品なんですが、このおひつで冷えたご飯は、チンしないほうが絶対おいしいです。

    というわけで、ご飯がおいしくて・・・困ったよ。






    塩こうじテスト中

    • 2012.10.22 Monday
    • 23:07

    ブームの塩こうじ、友だちの勧めで、まず市販品でいろいろな料理に試してみて、これはなかなか良いものだとわかったので、いよいよ自作を開始しました。

    わしだのこうじブームのおかげでいろいろな地方のこうじが簡単に手に入るようになった。
    味噌作りを始めた頃は、取り寄せたり予約したり大変だったのに。

    これはデパ地下に入っている味噌専門店で売っていた山形県のこうじ。400g630円でした。

    塩きり作り方は単純で、こうじ、塩、水を混ぜて寝かせる。
    ただ分量はいろんなレシピがあって迷うところ・・・結局、こうじの袋に書いてあった、こうじ200g、塩60g、水300ccでスタート。
    こうじをほぐし、塩と混ぜる塩きり作業は味噌と同じ。

    パイレックスどこで寝かすか・・・長年台所の場所ふさぎで常に仕分け対象になっていたパイレックスの蓋付きのガラスボウルについに活躍の場が。
    一日2回混ぜる。

    P1000053.JPG11日目。
    これで完成・・・かな?
    なんかもっとドロドロになるかと思ってたんですが。
    米粒はしっかり残ってますが、味はほんのり甘みが出ています。


    明日から留守にするので、とりあえず容器を移し替えて冷蔵庫に入れました。

    市販の塩こうじを料理に使った感想としては、ひき肉との相性がとてもよい。
    ギョウザのたねや、鶏団子に混ぜるとあきらかにうまみが出ます。

    切り身魚や鶏胸肉に一晩漬けて焼くのも、味噌漬けや粕漬けとはまた違った味わい。
    卵焼きに混ぜるのもグー。

    つまりタンパク質との相性がいいのだな。
    さて自家製塩こうじの結果は・・・。

    ブルーベリー収穫祭

    • 2012.07.14 Saturday
    • 21:28

    昨年はできなかったブルーベリー狩り、2年ぶりで行ってきました、町田市の相原ブルーベリー農園

    相原の駅前は相変わらず、でも少し新しい家が増えたかな〜、こんなきれいな道あったっけ?
    といって歩いてたら、道を間違えました。

    もう何度も行ってるのに・・・。

    これまでは8月に行ってたのですが、7月に来ると違う種類のブルーベリーが収穫できるよと教えてもらっていたので、今回初めて7月に出かけました。

    たわわたわわに実るブルーベリー。
    今の時期は、大粒で酸味の強いハイブッシュ系の終わりころだそうです。

    このまま食べるとちょっと酸っぱいのですが、酸っぱい果物が好きなので問題なし。

    昨夜の雨は上がりましたが、むむ蒸し暑い・・・しかしひたすら頑張って収穫。

    収穫1.2キロくらい収穫したうち、715gを選り分けて、ソースに加工。
    200gは冷凍、残りを生食。

    加熱1250g(約35%のグラニュー糖)と混ぜながら強火で加熱。
    水を入れないので、焦げそうになるのを混ぜ混ぜしていると・・・。

    加熱2すぐに果汁がじゅわわわと出てくる。

    完成ヨーグルトやアイスのソースなので、加熱しすぎない。7分くらいで火を止める。


    待ちきれなくて、まだ粗熱の取れないソースをバニラアイスにかけて、生の実を添えていただく・・・自家製ブルーベリーサンデー

    最高です。
    暑い中、収穫してきた甲斐があったと思う至福のひとときでございます。

    酸味の強い品種のせいか、冷えたらすっかりゼリー状に固まったので、ジャムとしてパンやクラッカーにつけることも可能。

    おいしいブルーベリーは、園主木下さんの丹精と自然の恵み、大切にいただきます!

    あんずジャム

    • 2012.07.07 Saturday
    • 09:23

    久しぶりにあんずジャムを作りました。

    あんずが出回るのはほんの1週間から10日くらいなので、気が付いたときには終わってる・・・。
    あるいは、出始めのあんずが高くて、もうちょっと安くならないかな〜と思っているうちに、終了。

    年に一度なんだからケチケチすんなよと自分を叱咤して、今年初めて見つけた立派なあんずをジャムにしました!

    生あんずあんず(正味)  700g
    グラニュー糖   500g

    あんずは二つ割にして種を取って、さらに四つ割りに。

    水煮作り方は、いつもお世話になってます小川順子先生レシピ。

    最初は水100ccで加熱。
    5分ほどすると少し煮崩れてくる。

    ここで砂糖半量を投入、5分煮て、残りを投入。

    砂糖全投入砂糖を全部入れると、いきなりタプタプになります。
    それでも焦げやすいのでかき混ぜつつ、5〜8分。

    完成あんずジャムは冷めるとけっこう固まるので、ゆるゆるでOK(たぶんね)。
    1パックのあんずでこれだけできます。

    あんずジャムも、買うより自分で作ったほうがおいしいもののひとつです。

    なんでか、自分で作ったあんずジャムよりおいしいのに出会ったことないです。

    自慢?じゃなくて、あんずジャムはジャム作りの中でも一番簡単だと思います。

    まだ間に合うので、ぜひ一度!
    (でもそろそろジャム作ってると汗だくになる季節・・・)


    すくすくゴーヤ2012

    • 2012.06.09 Saturday
    • 00:02

    昨年豊作だったゴーヤ、今年も育ててます。

    5月31日↑ 5月31日。
    苗を植えて、1週間か10日くらいだと思います。
    ふと気が付いたら先が伸びていたので、支柱を立てた日です。

    6月3日↑ 6月3日

    ネットを張った日。
    朝、ネットを張って、夕方にはからんでた。

    6月8日 6月8日
    どんどん伸びてます。
    梅雨入りも近い。
    強い風が吹きませんように!!


    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    twitter

      follow me on Twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM