農閑期の終わり

  • 2016.03.17 Thursday
  • 23:19

暑さ寒さも彼岸まで、桜の開花予報も出て、いよいよ農閑期も終わりです。
というか、農業カレンダー的には春なので、のんびりしてる場合じゃない。

畑の隣のアンズの花が咲いていた。

わが家の畑の現状は・・・。


収穫の終わった野菜の残滓も畑に残して自然分解、雑草も残して雑草マルチという方針なので、見た目が非常に汚い。
現在、収穫できる野菜は向こう端に繁っているのらぼう菜だけ。

昨年末までが暖冬だったため、めちゃめちゃ育ちがいいのらぼう菜
真ん中のつぼみが付いたところも柔らかくておいしいのだが・・・食べても食べてもなくならない。


お隣の畑の持ち主にいただいたねぎ苗は、最初はどうなるかと思ったけど、冬を越したら結構立派なネギになった。

順調なにんにく。稲わらを敷き、雑草もそのままにしているワイルドな奴

端っこにみょうがの苗を植える。
これは、大きな苗だったのを切り分けてベランダの鉢で育てている。
その残りをレジ袋の中に入れっぱなしにしていたら、芽が出てきたのであわてて畑に持ってきた。

この農協の家庭菜園は基本的に毎年更新できるのですが、3シーズン目の今年、使用料が1年1万円からいきなり1万4千円に値上げ。

やはり近くに使用料が高い民間のシ○ア畑ができたのが原因か。
さらに、近くの畑も今年から30区画の家庭菜園になって新規募集中。

都市の家庭菜園ブームはまだまだ拡大中です。

 

スポンサーサイト

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 23:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    さすが都市部の畑の賃貸料は結構なお値段しますね。うちはトータル100坪で賃貸料はその半値です。
    先の話ですが、秋には玉ねぎはどうでしょうか。簡単で手間いらずだし一度に大量に収穫できても保存がきくので家庭菜園にピッタリですよ。
    • アラスカ
    • 2016/03/18 6:47 AM
    >アラスカ様
    100坪!うらやましい。

    神奈川県内でももっと奥地に行けば安い貸し農園があるらしいのですが、そこで畑をやるなら軽トラを買わないと。

    そうですね。玉ねぎもやってみようかな。
    イチゴもやってみたいし。
    狭いので、どう使うかが悩ましいところです。
    • ゆきのこ
    • 2016/03/18 9:55 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    twitter

      follow me on Twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM