立秋〜2017夏野菜反省会

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 14:40

 

立秋を過ぎ、暦の上では秋ですが猛暑たけなわ・・・というのが常套句です。

 

確かに暑い。

本日は36度超えの危険な猛暑です。

 

今朝も6時前に畑に行ったけど、暑くてすぐ撤収してきました。

・・・それでも、トマトにもキュウリにも先月までの勢いはなく、トンボが飛び回り、季節が変わったことを感じます。

周囲の農家さんは、あっさりトマトを終わりにして秋冬野菜の準備に入りました。

 

うちもそろそろ次のシーズンの計画を立てなければ。

 

その前に、今年の夏野菜の総括を。

 

キュウリは不作でした。

全然採れなかったわけではないけど、最初に4本、あとから4本植えてるので、順調なら冷蔵庫がキュウリでいっぱいになるくらい採れているはずですが、一番採れたときでも2日に1本ぐらい。

やはり5月の少雨と空梅雨の影響が大きいと思います。

 

やや肥料不足だったかもしれません。

弱っているキュウリに肥料をどんどんやると、どんどん悪くなるのは経験済みなので、その辺が難しい。

 

一方、雨不足がかえってよかったのか、トマトはおおむねうまくいきました。

 

今年は中玉トマトのシンディースイートの赤とオレンジ、同じく中玉のルイ60フルティカ、あとからトスカーナバイオレットという珍しい紫ミニトマトの苗が手に入ったので植えました。

 

結果として一番うまくできたのが、シンディーのオレンジ。

赤いトマトは真っ赤に完熟するまでに虫や鳥の食害に遭いやすいのですが、オレンジはあまり食害に遭わず大きく育ち、しかも甘い。

 

全体的に今年のトマトは甘くできたと思います。

ハダニもアブラムシもつかず、オオタバコガの被害も少なかったのですが、7月後半に来たカメムシに汁を吸われてかなりの数が駄目になりました。

でも、全部無事に収穫できていたらとても食べきれなかったので、食害を織り込んで多めに植えるという考え方は、無農薬栽培としては正解だったと思います。

 

トスカーナバイオレットは、接ぎ木苗ではなかったこともありちょっと病弱でした。

熟すと紫色になりますが、味は普通のミニトマト。

 

下の写真の右がトスカーナバイオレットでこれが普通のミニトマトのサイズです。

 

 

そして、今年初めてうまくできたのが、赤ピーマン、肉厚のパプリカです。

 

赤ピーマンの何が難しいかというと、赤くなるまでに非常に時間がかかる。

その間に虫が入ったり尻腐れしたりして、一度もうまくいったことがないのですが、今年は初めは青いうちに収穫し(つまり普通のピーマンとして食べる)、十分に育ってから実を残すという方針がよかったのかたまたまなのか、大きな赤いパプリカが収穫できました。

 

 

 

ナスは去年同様、相変わらず何者かに葉っぱを食われていますが、実は次々に収穫できて、これはまだしばらく食べられそう。

インゲンはそろそろ終了、オクラはもう少しかな。

 

夏野菜の料理で、今年のイチオシは、高知出身の友達に教えてもらった「ナスのたたき」をアレンジした夏野菜のたたき

ナスとオクラを素揚げにし、青じそ、ミョウガ、ショウガのせん切りをのせて、ポン酢しょうゆをたっぷりかける。

冷やしてもおいしいので、翌日でも・・・と言いながら、全部食べてしまいます。おすすめです。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.08.09 Wednesday
  • 14:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    twitter

      follow me on Twitter

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM